男の子の初正月を祝うプレゼントに破魔弓を贈ろう

女の人

男の子の初正月に飾るもの

神社

破魔弓は、男の子の赤ちゃんが生まれたから初めて迎えるお正月(初正月)に飾るものです。日本古来より厄除け・魔除けとして尊ばれており、悪魔を射て払う為の弓である破魔弓を初正月に飾る事により、男の赤ちゃんの身を様々な邪気から守るという意味があります。赤ちゃんの息災を願うのであれば、ぜひやっておきたい行事のひとつです。破魔弓を飾る場所は、床の間や神棚が一般的ですが、最近はそれらが無い家庭も多いので、ない場合はどこに飾っても問題はありません。ただし、破魔弓は寺社から授けていただいた縁起物をかざる為、飾る場所を事前に清めてから飾る方が良いでしょう。方角などは気にする必要はありませんが、寺社の指示がある場合はそれに従っても良いです。飾り方に関して一つだけ守ってほしいのは、大人の目線よりも高い位置に飾ることです。神様を見下ろす形にならないようにこの点は気を付けてください。

破魔弓を飾るのは初正月とされているため、12月初旬ごろに購入し、12月中旬ごろから1月15日まで飾るのが一般的です。12月29日と12月31日に飾るのは忌み嫌われる為、避けましょう。通常、祖父母や親せき、親しい知人・友人等が破魔弓を贈るものとされますが、最近ではその辺りの決まり事はなくなってきています。地域のしきたりなどが厳しくないのであれば、誰が購入するかにはあまりこだわらなくても大丈夫です。また、破魔弓は縁起物とされているため、正月に関係なく、1年を通して飾っていても問題ありません。五月人形と共に飾っても、より華やかになり良いです。このあたりの事も、お住まいの地域のしきたりがあれば、そちらを優先するのがベターです。最近では飾り物として破魔弓を飾ったり、インテリア用の小さな破魔弓もありますので、堅苦しく考えすぎずに、子どもや家族の健康を願い、家に飾ってみてはいかがでしょうか。

入学の際に最適です

子供

少ない予算の中で丈夫なランドセルを購入したい方には早期購入がおすすめです。実際に商品を手に取って選びたい方にはデパートでの購入がおすすめです。また、インターネットを通して購入する場合は豊富な商品の中から選ぶことができるので、こだわりが強い方に向いています。

詳細へ

愛娘の健やかな成長の為に

人形

女の子の健やかな成長を願って飾られる雛人形。親御さんや親戚の皆さまの思いが込められた、素晴らしい日本の伝統行事です。「古臭い事は苦手」という若いパパママも、込められた意味を考えて、是非お雛様を飾って頂きたいものです。

詳細へ

女の子の厄除け飾り

女の子

羽子板は女の子の無病息災のお守りとしての意味を持ち、女の赤ちゃんの初正月に飾られます。飾り方には特に決まりは無く、飾る期間は12月中旬から1月15日までが一般的です。祖父母や親族に羽子板を贈って頂いた際には、その方々をお正月に招き、おもてなしをすると喜ばれます。

詳細へ