男の子の初正月を祝うプレゼントに破魔弓を贈ろう

ギフト

女の子の厄除け飾り

女の子

女の子が生まれて初めてのお正月に羽子板を飾る習慣があるという事をご存じでしょうか。羽子板は、女の赤ちゃんの無病息災のお守りとしての意味を持っているため、生まれて初めてのお正月(初正月)に、魔除け・厄除けとして飾るのが良いとされています。飾る時期は、12月の中旬に飾り、1月15日にしまうというのが一般的です。しかし縁起物の為、通年で飾るのも問題はありませんし、最近では小さめのサイズのものをインテリアとして飾る人も増えているようです。設置場所に特に決まりはありませんが、縁起物ですので、一応場を清めてから設置するようにしましょう。また、羽子板を収納する場合は、乾燥している晴れの日を選び、防虫剤を多用するのではなく、それよりも乾燥している場所に保管するようにしてください。

羽子板などの節句の飾りを買う時に問題となるのが、誰が購入するかです。羽子板の場合は、以前でしたら母方の祖父母から送られる事が一般でしたが、最近は特にこれといった決まりはありません。両家が折半する場合や、親戚や知人・友人から贈られる場合もあります。お住まいの地域によってしきたりが違う為、守るべきしきたりがある場合は、そちらを優先するようにしてください。祖父母や親せきなどから贈られたものを初正月に飾った時には、贈っていただいた方々を家に招いて、おもてなしするのも喜ばれる良い方法です。みんなで集まり、赤ちゃんの健康や家族の健康を願う場にすると良いでしょう。節句と聞くとしきたりや決まり事が多く面倒という気になりますが、こうやって調べてみると、初正月に関してはそれほど難しい事ではありません。子どもの健康を祝うということで、ぜひ羽子板を飾ってみてください。